• トップ /
  • 税理士への相談内容には

税理士への相談内容

弁護士への依頼は日程を調整する

税理士に相談できる内容とは

税理士は、言葉としては広く認知されていますが、依頼や相談をするにあたっては、実際どのような業務範囲があるのか理解をしておく必要があります。具体的な業務としては、事業関連では、税務監査、決算書作成・税務申告、税務調査立会い、記帳代行、役員報酬設定アドバイス、資金繰りや融資相談、事業計画や経営計画、社会保険や生命保険相談があります。一般の人の場合には大きな業務としては相続があり、ここでは、相続税の申告関連業務を委託することでスムースな対処を行うことができます。

↑PAGE TOP