• トップ /
  • 遺産相続トラブルに弁護士

遺産相続は弁護士へ

弁護士への依頼は日程を調整する

遺産相続で揉めた時はどうする?

遺産相続で揉めた時は、弁護士を活用すると良いでしょう。一般的に相続で揉める場合は、遺言書や相続人、それに伴う遺産分割のケースが大半であり、遺言書の内容に納得がいかない、相続放棄を迫られた、遺産分割の割合に納得がいかないなどが該当します。こうしたケースは感情論で主張するケースが多く、冷静に遺産分割協議を行う為には、淡々と法律に沿って遺産相続を進めてくれる第三者は非常に効果的であり、それには弁護士は打って付けの存在と言えます。

スムーズな離婚は弁護士に依頼

離婚において当人同士では話がまとまらず離婚調停になることがしばしばあります。弁護士に依頼すると費用がかかるなどのデメリットがありますが、感情的になりがちな自分の主張を整理して伝えてもらえたり、トラブルの予測ができるのなどのメリットがあります。また、裁判になったときを想定して条件を受け入れるかどうかを決めることができます。精神的苦痛を最小限にし、時間の浪費を防ぐためには、弁護士に依頼するのもひとつの方法です。

↑PAGE TOP