• トップ /
  • 弁護士に依頼するときの金額

法律問題は誰にでも起こりうる

弁護士に依頼するときの金額

弁護士依頼に必要な費用、金額

普段の生活において、弁護士に依頼をするような事態になることはあまりありません。しかし、そういうトラブルはある日、突然訪れます。例えば、交通事故や勤め先で不当な扱いを受ける、また男女問題でこじれる場合もあります。そのような時に、弁護士に依頼する場合にかかる金額について紹介します。費用は大まかに分けると、着手金、報酬金、実費があります。案件によって具体的な費用は異なります。着手金の相場は、10万円から30万円である場合が多いです。報酬金はその時の成果によって異なります。例えば、勤めている企業から突然、不当に解雇を受け、正当な給料をもらえていない場合で説明します。この場合に弁護士に依頼したとなると、そこから企業に正当な給料を請求することになります。そして、請求が成功し、企業から支払われますが、その金額の10%が弁護士の報酬金、といった形になります。何%になるかは、状況によって異なります。また、弁護士には依頼せずに相談するだけでも、相談料がかかることがあります。その法律事務所によって、金額は変わりますが、だいたい30分や1時間の相談で5,000円ほどかかります。なかには、最初の相談は無料で行っている法律事務所もあるので、詳しい料金体系はあらかじめ調べておくことをおすすめします。

↑PAGE TOP