• トップ /
  • 弁護士への相談は早い方がよい

相談が遅いと費用が高くなる事も

弁護士への相談は早い方がよい

弁護士に相談する時期について

弁護士に相談したり、実際に仕事を依頼したりする時期は、できるだけ早い方が良いです。なぜなら、早いうちに行動したほうが問題解決が容易になりやすいですし、時間がたてば悪化することが多いからです。そのため、なるべく早い方が良いのです。基本的にどのような対応を弁護士にしてもらうとしても、まずは相談からとなります。そこで現在悩んでいる状況について話をして、どうすればよいかの助言をもらいます。そして、必要ならば仕事を依頼することとなります。この最初のコンタクトをする時期は、前述のとおり早いに越したことは有りません。お願いする案件が難しくなればなるほど、着手金が高くなる可能性がありますし、解決ができるかどうかも変わってきます。相談するのは早い方が良いのですが、法律について知らない方はこんなことで相談してよいのか、と考えてその機を逸してしまう傾向にあります。これは、あまり良いことではありません。そもそも、どんなことでも弁護士に相談してかまいません。法律に疎い方のための力になる存在であるからです。また、もし問題がないことが分かったとすれば、その後に何か仕事の依頼をする必要がなくなり、安心もできます。したがって、早い時期に相談しましょう。

↑PAGE TOP