トップ

起業の資金集めは不動産担保ローンで

私は現在30代、これからの働き方を考える上で、転換期に差し掛かっています。このタイミングだからこそと起業を思い立ち、以前から憧れだった自宅サロンの経営に着手することに決めました。

しかし、もっとも苦戦しているのが起業にあたっての「資金集め」です。銀行に足を運び、融資についての相談を行ったのですが、経営者としての実績がないと大きな金額を貸すことができないのだそうです。資金集めは起業においての一番大切なポイントなので、思うように集まらなければ自然とサロン経営という夢も遠のいてしまうため、不安が募ります。

他の人はどうしているのだろうと調べてみると、知り合いや親せきに借りたり、消費者金融にお世話になったりとそれぞれの方法で資金集めをしているようです。私の場合は、経済的に余裕のある知り合いや親せきに心当たりがないため、知人から借りるのは難しそうです。現状についての相談はできるかもしれませんが、資金面での協力をあおぐのは相手にとっても負担になるためなかなか切り出せません。

かと言って消費者金融の金利は高すぎるので、むやみに手を出すのは不安です。これからサロン経営を始めるという新しい環境に差し掛かっているため、将来の不安は少しでも軽減したいと思うもの。なるべく低金利で、返済総額を少なく抑えられる方法を選びたいと考えました。

低金利で、サロン経営の初期投資をまかなえる高額な融資を受ける手段はないかとさらに調べていくと、「不動産担保ローン」というものを発見しました。これは、一般的に5%程度の低金利で、長期間融資を受けられるシステムなのだそうです。不動産担保ローンのことならこちら。

不動産担保ローンは、自分の所有している不動産を担保にするというスタイルのローンです。担保する不動産の価値によって、数十万円から数億円単位にいたるまで、大きな金額の融資も有利に組めるようになるのだとか。まとまった資金が必要な人にとって、大きな味方となりそうです。

さらに不動産担保ローンは、使用用途が自由という特徴もあるのだそうです。私のように個人事業においての資金集めや税金支払いのために資金を必要としている人のほか、お子さんの教育資金、ご家族の医療費・介護費用などとしても使うことができます。

さらに注目したのは借り入れの期間。最大35年という長期借り入れが可能なサービスもあり、一般的な「5年60回」などの支払い回数に比べるととても好条件。大きな金額が必要になる場合にも、無理なくプランを思い描けます。

こうした好条件を、一般的な消費者金融機関のプランから見つけ出すのは楽なことではありません。金利、融資額、借入期間などすべての面で満足するためには、あらゆるプランをチェックする必要があります。さらに不動産担保ローンを使用すれば、知り合いや親戚に無理を言って、相手に負担をかけてしまうこともありません。これまで経営者としての実績や信頼、個人で投資してくれる人とのつながりがない場合にも簡単に利用できます。

私は、田舎に両親から相続した土地を保有しています。これを担保にすることで、低金利で高額融資が受けられるのではないかと思い、私は不動産担保ローンを選びました。メリットの大きな不動産担保ローンは、現在起業を検討しながら資金調達に悩まされている人で、かつ不動産を保有している人ならば、活用しない手はない魅力的な存在と言えそうです。

Copyright © 不動産担保ローンで起業の資金集め All rights reserved